1日目終了

初日の試験が、昨日終わった。前泊したホテルで8時間の睡眠をとり朝を迎え、湯船に浸かって血行を良くし、朝ごはんとチョコレートを食べ、ちょこっと頭の体操をした後、歩いて開成に向かった。会場手前から、既に大勢の受験生親子、交通整理の先生方、学習塾の宣伝の人たちがいた。正門付近からは、多くの塾の先生たちが列をなして受験生を迎えていた。サピックスの先生方は、中に入って右側に20人程度いらした。所属の先生もいらして、がっちりと両手で握手をしていた。その後、息子に最後の激励の言葉をかけ、がっつり握手をして送り出した。周りには誰も友人がおらず、1人で向かっていった。

午後に入り、私は昼食を済ませた後、終了予定時刻の30分くらい前に控室に入った。ただ、終了予定時刻になっても、放送や案内がなかったため心配していたが、どうやら電車の遅れにより、開始を30分遅らせたそうだ。従って、30分遅い時刻に終了した。そこから回収と確認で15分程度待った後、番号順に解散となった。

息子と正門付近で会った。感触を聞いたら、多少難しい問題もあったとのことだが、全般的に出来たようで、それなりの手ごたえがあったようだ。息子は割と敏感なので、彼の感触を信じたいものである。ただし、既に回答や講評が出回っているが、今年の開成はこれまでに比べて、かなり易しくなった模様。社会も、3年振りに、難解な東京問題が出なかったらしい。きっと3年前以上に高い平均点となりそうで、合格者平均は8割近い感覚だ。息子とは自己採点せず、2日目に備えた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。