合格力SO結果の分析 ⑴

今朝は少し時間が取れたので、4回の合格力SO結果の分析をやってみた。

やり方は、以前のブログで述べたように、

①サピックスが所定の学校に占める合格者割合と、その学校が出す合格者人数をまずは把握する。例えば、聖光学院1回目であれば合格者は約240人である。また、聖光への合格者のうちサピックスが占める合格者割合は約50%である。(各塾からの合格者実績合計から比率を概算)故に、SO平均で120位までに入れれば、合格可能性が高まると考える。

②4回のSO結果の平均から、上位120人の合格者に達する偏差値と、息子の立ち位置を検証する。

まずは、聖光学院について分析してみた。

その結果、息子の4科平均偏差値では、上位118位となった。これを信じれば、ギリギリ合格ということになる。

ただし、50%の仮定や、男子だけで見るべきなど、変動因子は多い。上記は、むしろ合格ラインギリギリにいると見るべきであろう。ここから最後まで頑張り続けられるかに、かかってくる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。