算数の重み

今日で正月特訓が終了。現在、テイクアウトの寿司を食べて、一服中。この冬休み、ちょっと気負いが見られていることと、算数の出来がイマイチであることが気になった。気負いは、親の私に責任があるかもしれない。算数は、一見簡単そうな図形問題でも、気の利いた補助線や発想に至らず出来ないケースも散見される。算数の出来で合否が決まるのは、私自身も身に染みて実感している。最後の一ヶ月をどう過ごすか、よく考えないといけない。特に、算数の何が出来ていないか、よく分析しないと。明日塾は休みだが、一月受験校の過去問をやる予定だが、算数もやるぞー

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。